無料レンタル
アナザーストーリー・スケッチディスク |澤村正治の甥の子守タイム 1

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

澤村正治の甥の子守タイム 1


正治:美鳥と交際して5年か・・・・。
   今日こそプロポーズしに・・・・、


(ピンポーン)


正治:はーい・・・・・、


(バシュッ!)


何者かがエアガンを正治に撃つ


凛   :息子に撃たれるなんて、弟にしては嘆かわしいな・・・。
凛の息子:おっさん、ケンカつよいのにまわりにたいしてにぶいな。
正治  :あ、姉貴!!!
凛   :正治、息子連れてきたぞ!
凛の息子:おっさん、こんにちは!
正治  :おっさんやめれ!「おにーちゃん」だ!
凛   :お前の甥だから、「叔父」だ!
     だから「おっさん」で結構だ!
凛の息子:みどりねーちゃんにしれたらフられるぞー!
正治  :わ、わかったから美鳥には秘密だぞ・・・。
     こいつは「誠(まこと)」オレの甥っ子だ。
     姉貴が結婚して一時は落ち着いたかと思ったが、
     運悪く姉貴のダンナは恐妻家だ・・・。
     あいかわらずのアル中だ・・・、 
凛   :ああ正治、私買い物に行ってくるから子守をしてもらう。
     もし、この子を泣かせたらコテンコテンにしてやるからな。
正治  :ああ・・・・、
凛   :ママは買い物に行ってくるから、おっさんと遊んでて。
誠   :ああ。

誠   :おっさん、こーえんにつれてってくれ。
正治  :ああ・・・、
誠   :わーい、みはらしがいいなー!
正治  :(こいつを抱えて公園まで歩くのか・・・)


誠はエアガンを他人の住宅のチャイムにめがけて発射する。


(バシュッ!バシュッ!)
(ピンポーン!ピンポーン!)


住人1:はい・・・・、
住人2:はい・・・・、
住人1&2:何か御用かね・・・?

正治:す、すみません。うちの甥っ子がオモチャの銃でチャイムを鳴らしたんですから・・・。
住人1:用も無いのにチャイムを鳴らされたら迷惑ですよ。
住人2:このまま放置したら、教育上問題ですし・・・・!
住人1:甥の責任は叔(伯)父の責任です。
正治:本当にすみませんでした。後で姉に叱ってもらいますから。


正治はこの場を立ち去る。


正治:用も無えのにチャイムを鳴らすなんて、こんなんで小学校生活を迎えるつもりか!?
正治:お前も大人になって同じ事とされたらいかに思うんだ!?


誠 :まだオトナじゃないからわからないよーだ!
(バシュッ!バシュッ!バシュッ!)


誠は正治にエアガンを3発撃つ。


正治:(誠のヤツ、姉貴の血であること明らかだな・・・。)


おもちゃ屋の前を通ると・・・、


誠 :おっさん、これかってくれ。
正治:ラジコンカーか、高ぇから却下だ・・・。
誠 :ママにいーつけようか?
   「おっさんしみったれだから。オモチャかってもらえないうえになかされたって。」
正治:(たとえ、ウソ泣きでも姉貴のヤツ、オレが有罪だと決めて疑い兼ねるからな。)
   わかった、おっさんが買ってやるから。
誠 :わーい!やった、やったー!

2人はおもちゃ屋に入る。
正治:この車下さい。
店員:はい、7,000円です。
正治:誠の養育費、今日も加算か・・・。


公園に着いた2人


正治はベンチの上に座っていて、誠はラジコンカーで遊んでいる。
正治:(こいつ、いーかげんにしてもらいたいな。
    義兄貴にも養育費をチャージしてやらないと・・・。)
   

誠は正治に呼びかける。


誠 :おっさん、この車ウンテンしてくれ。
正治:いいけれど、何をするつもりか?
誠 :シューティングゲームだけど・・・。
正治:シューティングか・・・、誠よオレの中坊時代
   ゲームセンターで無敵の帝王と言われてたんだぜ!
   行くぜ!!!
誠 :くらえー!


誠はラジコンカーにエアガンを撃つ
(バシュッ!バシュッ!バシュッ!)


誠 :なかなかあたらないなー、(サクリャクかいし!)
正治:シューティングで敵機に撃たれた覚えも少ないしな・・・!
誠 :これでサイゴだー!!!


誠はエアガンを撃つ
(バシュッ!)


正治:うっ!!!


(ガチャッ!)
(キキキキキ)


正治は股間を押さえ、コントローラーを太ももに落とす。
ラジコンカーは停車する。

正治:誠のヤツ、男子の泣き所を撃ったなー!
   (女装してレスリング大会で賞金を稼ごうとしていたとき、
    姉貴に同じところを2連発でやられたな・・・。
    こんなイタズラも姉貴の血か・・・。)   
誠 :おっさんの負けー!!!
正治:オペレーターを・・・狙うなんて・・・汚ぇぞ・・・。
誠 :ママいわく、なさけねーおっさんだな!


夕方になり・・・


正治:さて、ママも帰ってきている頃だから家に帰ろう・・・。
誠 :おっさん。また遊んでくれ。
正治:ああ。(あのゲームするときベンチで座るに座れねぇ・・・。)


家に着くと・・・

正治:ただいまー!
凛 :お帰りー、正治!誠ちゃん!


凛はすでに買い物から帰っていた。


凛 :誠の子守ご苦労だったな。


正治:ああ・・・、
凛 :誠ちゃんそのラジコンカー、おっさんに買ってもらったの?
誠 :うん。
凛 :そう、もうおっさんに挨拶しないと・・・。
誠 :そうだね、ママ。


2人は玄関前に行く


誠&凛:正治(おっさん)、じゃあな!


2人は凛の愛車に乗ってエンジンを掛ける。
(キュキュキュキュキュキュ、ブオン!)
(ブーン!)


正治:また余計なお荷物が1個追加か・・・、




終わり
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳴海みぐJr.

Author:鳴海みぐJr.
オリジナル小説を書いています。
性別:♂
趣味:音楽鑑賞

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

注意

※:カレンダーをクリックして、
 小説を読むときには、「クリック
 直後だけ」
では、読めませんので、
 その記事の下の日付をクリックして
 下さい。(「カテゴリ」からも同様)

最新記事

閲覧者数

パチンコ

パチンコ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。