無料レンタル
アナザーストーリー・スケッチディスク |美琴祭り

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

美琴祭り

(ジリリリリリ)

美琴:うーん・・・・、朝ね。白井。
美琴は玄関に出てポストを確かめる。

着替えた美琴は1枚のチラシを取って読む。

「美琴祭り」

入場料
成人 ・2000円 大学生・1400円 10代・1000円
小学生・400円  5歳以下・無料



美琴:なぜ、私の名前で祭りを行うのかしら?
   あのバカタレがイタズラで?

「アレイスター主催(学園都市の責任者)」

美琴はチラシの下を確かめる。

美琴:「無料入場券?」

「一般客の入場料はチラシのとおりですが、
この祭りのモデルにはタダで入場する権利が付与されます。
それではごゆっくり美琴祭りを楽しんでください。」



美琴は公民館へ行く。

受付:いらっしゃいませ。
美琴:私、無料入場券を持っていますが、
受付:それでは楽しんでください。

最初に、上条の像を見る。

「上条・彼は悪魔の右手を持っていて、敵のすべての特殊攻撃を無効にするが
神の奇跡まで無効にする。」



美琴:あのバカタレ、いつか倒せるかしら?

美琴は上条の日記帳コーナーへ行く。

「上条の日記帳・上条はある出来事で記憶喪失になったが、これにその前の出来事が記されている。」


日記帳はガラスケースで展示されていたが、美琴は浄書されたほうで読む。

美琴:小学生の頃ね。

「野球」

美琴:ただでホームランを打てると思ったが、民家の窓に命中させて2枚割って修理代を折半する際に
   あのバカタレが8割になるなんて。


「ヤキイモ屋さん」

美琴:民家の塀の裏にあのバカタレたちが隠れ、ヤキイモ屋さんを呼んで怒らせて逃げようとして
   逃げる途中ヤキイモ屋さんにイモを投げられ、それで倒れてシャツの背中をつかまれ捕まり
   ゲンコツをもらったあげく空き地で合流できたが、無理やり買わされて泣く泣く食べていたって。
   そして、最近ね


「銭湯」

美琴:銭湯で親友が湯に足を突っ込んだが熱さで入れず、
   あのバカタレが「チキンだな」って試したが。結局熱がってジャンプして
   石鹸を踏んで鏡台へ頭突きをして、水で足を冷まそうと思ったが熱湯を掛
   けて、その間に親友たちは全身を水で冷やして入っていたって。


「ゲーム機」

美琴:PS3を最後の一台で手に入れて帰る際に、公園で学生服着たメガネ君と、
ハチマキしたセーラー服の少女との戦いを見ていて、メガネ君が投げた
テニスボールがあのバカタレの男子の泣き所に命中して勢いでPS3を
   セーラー服の少女へ投げてしまい、つくし(弟)が欲しがっていたって
   持っていかれたって。

美琴は日記帳を閉じる
美琴:次のコーナーを見てみましょう。



続く
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

鳴海みぐJr.

Author:鳴海みぐJr.
オリジナル小説を書いています。
性別:♂
趣味:音楽鑑賞

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

注意

※:カレンダーをクリックして、
 小説を読むときには、「クリック
 直後だけ」
では、読めませんので、
 その記事の下の日付をクリックして
 下さい。(「カテゴリ」からも同様)

最新記事

閲覧者数

パチンコ

パチンコ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。